診療内容

心療内科・精神科

患者さまの症状を心理的・身体的・社会的側面から総合的に理解し、一人ひとりの状態に応じた適切な医療を提供します。
福祉相談も随時行っています。通院費を安くしたい、福祉サービスを利用したい、介護保険・自立支援医療・障害年金・障害者手帳のことなど、何かお困りのことがあればお電話または受付までお知らせください。精神保健福祉士が対応いたします。

当院では、個人情報保護の目的で、患者さまの呼び出し番号にて行っております。

主な診療内容

以下に挙げるような、様々な精神疾患について診療いたします。

  • 不眠症
  • ストレス関連障害
  • うつ病
  • 躁うつ病
  • 認知症
  • 統合失調症
  • 心身症
  • 自律神経失調症
  • 適応障害
  • 全般性不安障害
  • パニック障害
  • 社交不安障害
  • 強迫性障害
  • 更年期の精神症状
  • 疼痛性障害
  • 器質性精神障害
  • 統合失調感情障害
  • 妄想性障害
  • アルコール依存症(断酒・節酒サポート) など

以下のような症状でお悩みでしたら、一人で悩まずご相談下さい。

  • 眠れない
  • 不安
  • 緊張する
  • イライラする
  • 動悸・過呼吸・吐気・めまい
  • 人前に出ると赤面する
  • のどが詰まる感じがする
  • 腹痛や下痢を繰り返す
  • どこの診療科でも明確な診断のつかない身体のトラブル
  • 気分が落ち込む
  • やる気が出ない
  • 仕事に行けない
  • 好きなことが楽しめない
  • 気分の波が激しい
  • 物忘れが目立つ
  • 考えがまとまらない
  • 聞こえるはずのないものが聞こえる
  • お酒をやめたい(控えたい)

もの忘れ外来(認知症の相談、診断)

思春期相談外来

「最近、もの忘れがひどくなった。」「言葉がでなくて、あれ・それということが増えた」というのを、単なる年齢のせいと思っていませんか?

もしかすると、それは認知症かもしれません。もの忘れが気になったら「齢のせい」と片付けてしまわないで、気軽にご相談ください。

認知症には、治療によって治るものと、治らないものとがあります。治らない認知症については、早期に適切な治療を行うことで症状を緩和させたり、進行を遅らせることができます。

以下のような症状があれば、早めの受診を

  • 何度も同じこと尋ねたり、話したりするようになった
  • 物や人の名前がでてこなくて、「あれ」「それ」などの言葉が多くなった
  • 新しいことを覚えにくくなった
  • 物の置き忘れや、しまった場所を忘れることが多くなった
  • いつも通っている道で迷ったり、間違うことがある。
  • 約束していたことを忘れたり、時間や場所を間違うことが増えた。
  • 慣れた日常生活のことで間違いが多くなった。
  • 今までになく、最近ささいなことで怒ることが多い。

ストレスケア外来

様々なストレスの悩みに

現代社会は、長引く不況や急激な情報化による社会環境の変化、それに伴い複雑化する人間関係など、多くのストレス因に満ちているため、日頃から様々な場面で心身の異変を感じている方が多いのではないでしょうか?

過剰なストレスが働いても、それをはね返すだけの防御力があれば大きな問題を生じることはありませんが、抵抗力が弱まっていたりすると、自律神経系、内分泌系、免疫系のバランスが崩れ、精神的にも身体的にも様々な症状が出現します。

早期に適切な治療を行うことで、現在の症状を緩和させたり本格的な精神疾患や身体疾患に進んで行くことを抑えることができます。

ストレスケア外来へご相談下さい

以下のような症状があれば、ご相談下さい。

  • 不眠
  • 不安
  • イライラ
  • クヨクヨ
  • 抑うつ
  • 緊張
  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • 倦怠感
  • 便秘・下痢
  • 身体の一部だけに汗をかく
  • ほてり
  • 肌荒れ
  • 微熱が続く
  • 風邪をひきやすい
  • 傷がなおりにくい

自費注射・検査

元気回復注射(にんにく注射)

元気回復注射の適応 疲れがたまっている、寝ても疲れがとれない、体がだるい、ストレスが強い、眼精疲労、肩こり、腰痛、頭痛、筋肉痛、神経痛、風邪をひきやすい、夏バテ、食欲低下、二日酔いまたは二日酔い予防、肥満予防、にきび、肌荒れ etc
有効成分 にんにくの成分であるフルスルチアミンというビタミンB1誘導体です。普通のビタミンB1より体内への吸収がよく、さらに、注射による投与は、経口内服に比べ血中濃度を効率よく高めるため効果的です。
フルスルチアミンの作用 糖質を分解してエネルギーに変える。疲労の原因物質である乳酸を分解してエネルギーに変える。神経細胞のエネルギー産生を高めて神経障害を改善させる。アルコールを分解する。
副作用について 副作用はまずありません。あっても、吐き気や胸やけ、軽い下痢くらいです。水溶性ビタミンなので、とりすぎてもすぐに尿とともに排泄され、体にたまることもありません。
注射の頻度 通常は1~2週間に1回程度です。ストレスの多い方や運動をよくする方などは1週間に数回、慢性的に疲れている方はそれ以上をお勧めしています。
注射の流れ 予約は必要ありません。初回のみ簡単な問診を行います。注射は5分程度で行えます。
料金(税抜) 1回1500円

ストレス免疫美肌注射

ストレス免疫美肌注射の適応 ストレスが強い、疲れやすい、病気が治りにくい、傷が治りにくい、病気予防、アンチエイジング、シミ、そばかす、肌荒れ、貧血etc
有効成分 L-アスコルビン酸(=ビタミンC)。 注射による投与は、経口内服に比べ血中濃度を効率よく高めるため効果的です。
アスコルビン酸の作用 副腎皮質機能を改善しストレスに対する抵抗力を高める。白血球機能を強化し免疫力を高める。メラニン色素生成抑制やコラーゲン形成促進作用が肌を綺麗にしたり傷を治りやすくしたりする。鉄分の吸収を高め貧血を改善する。
副作用について 副作用はまずありません。あっても、胃の不快感や吐き気、軽い下痢くらいです。水溶性のビタミンなので、とりすぎてもすぐに排泄され、体にたまることもありません。
ストレス免疫美肌注射の流れ 予約は必要ありません。初回のみ簡単な問診を行います。注射は約5分程度で行えます。
料金(税抜) 1回 1000円

唾液でストレス検査

検査のしくみ ストレスが自律神経の一種である交感神経系を興奮させると、体内の自己防衛反応として唾液中に含まれるα-アミラーゼの活性が高まります。この唾液アミラーゼの活性度を分析装置で測定します。
検査の流れ 予約は必要ありません。検査シートの先端を舌下に入れて約30秒待ちます。検査シートを分析装置に入れて約30秒で結果が出ます。ストレスの程度を「ストレスなし」「軽度のストレス」「中度のストレス」「重度のストレス」のいずれかでお知らせします。
料金(税抜) 1回 500円
ページトップへ戻る